精子の量が不妊の原因

MENU

精子の量が不妊の原因

不妊の原因は、男女半々にあるといいます。
もしもどちらか一方に何らかの原因があるとしても、ご夫婦二人で協力しあって解決を目指すことが大切です。
男性の精子の量が問題で不妊になっている場合、男性は大きなショックを受けます。
今まで精子の量など考えたこともなかったのに、それが原因で妊娠させられないのですから当然でしょう。
日本だけではなく、世界中で男性の精子の量は減少傾向にあるといいます。
だからといって安心せず、問題があるかもしれないと思ったら泌尿器科に検査に行ってみましょう。
そこで何らかの問題があると指摘されたら、治療を開始してみるべきです。
頑なに治療を拒否していると、夫婦の大事な時間を損してしまうことになります。
泌尿器科では、精子の濃度や量、運動率、正常な形態をしているかなど、あらゆる側面から検査をします。
もしも健康に問題があれば、精子の量にも影響がおよんでいるはず。
疲労が激しいときは、精子の量も少なくなります。
なぜなら、精子を作るのに必要な栄養が疲労回復のために使われてしまうからです。
現代の男性は心身ともに日々疲労の波が激しいでしょうから、精子の量も検査で大きな差が出てくるかもしれません。
ということは、安定した健康状態を保つことが精子の量が多くなる方法だとも考えられますね。