MENU

年齢が影響する精子の量

近年、女性の妊娠出産は高齢化していますが、昔に比べて女性の体が高齢出産に慣れてきたのかといえばそんなことはありません。
女性にとって、高齢出産は未だに高いリスクを秘めています。
一方、男性は何歳になっても生殖能力があるように思われがちですが、老化してくれば精子の量が減少したり性欲が衰えるなどの変化が現れます。
女性の閉経のように明らかにわかることではなくとも、男性もある時期がくれば生殖能力は低下してくるのです。
しかし、70代になっても子供が出来る男性もいて、精子の能力自体は衰えるわけではないことがわかります。
元気な精子を作り出せれば、男性は何歳になっても子供を作ることができるともいえるでしょう。
若い人でも、元気な精子を効率よく女性の体内に届けることができれば、苦労して精子の量が多くなる方法を探すこともありません。
体外受精、人工授精でも、精子の質と年齢には関係がないと見られています。
ただし、年齢とは別に精子のDNAがダメージを受けていると、不妊につながるという見方は強いようです。
少しでも不安要素を少なく子供を作りたいと思うなら、なるべく若くて元気なうちにおすすめします。
精子の量が多くなる方法はまだまだ手探りなため、効果があるというクチコミが多くてもそれが自分にあてはまるかどうかは別問題で、即効性がない方法も多いのです。