MENU

精子の量を検査する

精子の量を含めて、不妊の原因を調べる方法は男女ともにあります。
病院で検査をすれば、どんなことが原因になっているかがわかるでしょう。
圧倒的に女性が検査をするケースが多い現在ですが、実は男性側に原因があるケースも増えています。
検査をしなければわかりませんので、不妊の検査をするときには夫婦で一緒に受けたほうが公平です。
男性が精子の検査をするのに抵抗があるように、女性もすすんでしたいという検査ではありません。
でも子供が欲しくて努力するのですから、男性も協力すべきです。
検査をした男性が精子の量が少ないと指摘されたとしても、落ち込んで終わってはいけません。
そこからが頑張りどころで、治療の始まりなのです。
女性だって、自分側に不妊の原因があるとわかればショックを受けます。
それを乗り越えていけるのが、夫婦の力ではないでしょうか。
女性も、男性の精子の量が少ないからといってあざけるような態度をとってはいけません。
2人で力を合わせないと、子供はいつまでたってもできないのです。
検査方法は、精子を支給された容器にためてその日のうちに検査します。
病院で射精して、そのまま提出するのが一般的です。
精子の量は少なくても妊娠が可能なのですが、多いほうが確率が高くなります。
そのため、精子の量が多くなる方法を探す人が増えてきたのです。